天満つーしんでも何度も取り上げているポケモンGOの聖地・大阪扇町公園

一時の過剰な人波はないものの、いまだ根強く夕方~夜には沢山のトレーナーが集まる場所。

ポケストップも豊富で、ルアーモジュールも常時たかれているような扇町公園ですが、
そのはずれに人が立ち入れないポケストップがあるのをご存知でしょうか?

それがこの八重垣大明神です。
IMG_20160901_160901

20160902-003

名称未設定-5
ポケモンGOの地図で見るとココ。

普段から何度も通っている場所ですがポケモンGOのおかげで初めて知ることができました。
お地蔵さんや碑文など近所にも意外と史跡があることを知ることができる
ポケモンGO、意外と勉強になります。
これも、先のIngressユーザーの皆様のお陰ですね。

で、この八重垣大明神。
不思議なのは木々に隠れ、目立たないこともさることながら、
こんな立派な石碑があるにも関わらず、誰も入れないようになっていること。

これはちょっとミステリーのにおいがしますねぇ・・・。

調べてみると、同じように気になった方々がいらっしゃるようで文献たくさん出てきました。



要約しますと

江戸時代の初期・2代将軍秀忠の頃のお話だそうです。
堀川の渡し守の息子・与八くんと浪速屋の娘・お糸ちゃんはラブラブ恋人関係。


しかし、お糸ちゃんに片思いの十三郎くんが2人のラブラブさを妬んで斬りつけた所、
与八くんは即死、お糸ちゃんは重傷、犯人の十三郎くんは死刑となったそうです。

う~ん、現代でもコレに似たような事件を見聞きしますね・・・。


残されたお糸ちゃんは幸いにも傷も治ったそうですが、
与八くんの後を追い、自害したそう。
その時に「このままでは死にきれないから悪霊となってこの一帯の恋路を呪ってやる」と言い残したとか。

そこから約70年後、八重垣姫と吉五郎くんが似たような事件に遭い、これはお糸ちゃんの呪いだ!的なことで、
八重垣姫を祀る八重垣大明神を建てて、呪いを鎮めたというのが伝説のようなのですが。

これについて、何人もの方が同じ見解をお持ちなのですが、
ハッキリ言って、いや、この場合お糸ちゃんを祀るべきなのでは?ですし、
後から出てきた2人は誰?って感じですね。

そしてこの扇町界隈は、荒野だったころから処刑場があったり、ゴミ捨て場だったりということで
怖い話も後を絶たない様子です。

その他、扇町公園に関する、ちょっと怖いゾゾっとする話は
こちらにまとめられておりますので、寝苦しい残暑の夜涼みにいかがでしょうか?(ΦωΦ)フフフ…。


今回撮影した写真では石柱が倒れ、その様も怖さを募らせるのですが、
他のブログなどを拝見していると、ここまで荒れていないのですね。
IMG_20160901_160907

これはもしかすると、良からぬ奴らがイタズラして倒したのかもしれないなぁと思ったり。
もしそうならば、罰があたるべきはその者達ですよね。

ポケモンGOのブームで人も増え、撮影した時間は16時頃でしたが、
公園内にある交番のおまわりさんが数名巡回されていました。

この近く、春には放火事件もありましたので、
警察の皆さんには安全をしっかり守って頂きたいなと思います。

【扇町公園】
大阪府大阪市北区扇町1丁目1
 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット