2016年4月12日未明、大阪市北区を震撼させた真夜中の連続不審火。
事件から1ヶ月経過し、ようやく進展がありました。

SNSなどで最もシェアされた放火現場の現在の様子(2016年5月13日撮影)
13234495_985045111573204_1504926246_o

逮捕されたのは阿部和弘容疑者(38)
容疑は4月12日午前2時20分ごろ、大阪市北区南扇町の専門学校前の路上で、
ゴミ箱に火をつけ、ゴミ箱や専門学校の壁が一部焼けた事件です。
幸い、この放火でのけが人はなかったようです。

大阪府警によると、近くに停車したタクシーの運転手さんが、
煙が出ているゴミ箱のふたを開けている阿部容疑者に似た男を目撃。

しかし、近辺で発生した5件全ての現場付近の防犯カメラに阿部容疑者に酷似した男が写っていたことから、
他の不審火への関与についても慎重に調べるとのこと。

連続不審火の発端は、12日午前1時50分頃、天神橋の路上で寝ていたホームレス男性2人の
布団やカーペットが燃やされたほか、
約15分後には、そこから約100メートル離れた末広町の木造3階建て空き家(倉庫という報道も)が
全焼するなどしました。

この不審火では延べ約100平方メートルを焼き、
隣のマンションに住む男性2人が煙を吸って軽症を負ったようで、本当に許せない事件です。

この他、民家の軒先の日除けでかけていたビニールシートが燃えるなど
不審火は5件にのぼります。

13223570_985045131573202_988000651_o
13214682_985045141573201_837506654_o


この阿部容疑者は、不審火が発生した翌日に、
昨年9月大阪市内で睡眠導入剤を飲んで乗用車を運転し物損事故を起こしたとして、
道交法違反容疑で府警平野署に逮捕されていたいうことで、
警察も防犯カメラの映像に出ていた時からマークしていたのかもしれません。

軽傷の方は出てしまった事件ですが、亡くなられた方が出なかったことが何より。
こういう身勝手な事件でよくある「イライラしていた」「大騒ぎするのが見たかった」などの
犯行動機が報道されることがありますが言語道断。

放火、殺人放火などには思い刑罰が待っています。
しかし、そういった事件が亡くならないことも事実。

戸締まり、火の用心、不審人物など自分ができることは日頃からこころがけたいですね。


【参考:容疑者逮捕の記事】
産経新聞
NHK

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット